PROFILE

Emi sakula

ネイルケアアドバイザー

ネイルをするきっかけ

Hawaiiに訪れた際に初めて爪にアートをして頂き凄く感動しました。

帰国後、ネイルにハマったのち学校に通いました。細かい作業はもちろん、アートする事が好きだったのでジェル店に勤務しました。

その後、ケアリストとして働くきっかけになったのは、爪で悩んでいる方がこんなに多いという事を知り、悩んでいる方のお役に立てればとケアリストとして現在に至ります。

趣味はHawaiiが好きでフラダンスを長年しておりますが、最近は一人旅にハマっています。

〜Emi sakulaの意味〜

Emiは「笑み」をローマ字にしたものです。
いつも笑顔でお客様に来て頂き、私自身も笑顔でお客様と接していきたいという想いでEmiと付けました。
笑顔が絶えない明るいサロンにしたく、サロン名を❀︎Emi sakula❀︎と名付けました。

占い天華&Tenkaホワイトサロン代表

キッシー(岸田)より一言

sakulaさんは、とても人徳のある人物だなと出逢った時から思っています。初対面でもすぐに打ち解ける気安さと器の大きさを感じます。
お話してるとわかりますが、子供の様に凄く素直で正直、生真面目、なのに財布を忘れたサザエさん以上に超ぶっ飛んでる所も多々あり(ハッキリいうとドジだということです)、わたくし何度もズッコケました(爆)
私はsakulaさんのことを(Hawaiiにおられたからか)感覚が外国人っぽいなぁといつも感じています。
仕事の手は早くて確かです。素晴らしい技術力と愛溢れる心をお持ちなので、sakulaさんのファンは自然とどんどん増えているのです。
最近知ったsakulaさんの意外な一面は、老人が大好きということ。毎晩近所の銭湯でおばあちゃん達に囲まれ、会話に沢山の花を咲かせているsakulaさんは、私キッシーの祖母がネイルケアに来た時も「かわいいかわいい」と、それはそれは楽しい会話を繰り広げておりました。お陰様でうちのばあちゃんもニコニコ笑って元気に帰ることができました。昨年右半分が麻痺し車椅子になって以来、あんなに強靭だったばあちゃんが「死にたい」と毎日泣くのですが、今はキラキラする爪を眺めてはsakulaさんを思い出し、元気を出して生きています。
はいそう、sakulaさんはご老人向きなのです(笑)お若い女性からお年寄りまで幅広く対応できるスーパーネイルケアリストさんなのです!
そして、老人ホームでおばあちゃん達のネイルケア&マッサージをしたいとボランティアに暴走しそうになったほど、かなりな博愛精神をお持ちです。(キッシーも猫活動をしてますので、sakulaさんのこの部分が特に気に入り、座布団10枚!)
こんなお笑い感満載のネイルケアアドバイザーEmi sakulaさんを、皆さまどうぞよろしくお願い申し上げます。
キッシーより

追記:  つい最近sakulaさんを見てて、「誰かに似てる誰かに似てる…」と考えててわかったのが、キューピーちゃんでした。子供みたいに天真爛漫なカワイイキューピーちゃんです!
そう言えば出逢った当初、sakulaさんに「テレサ・テンみたい!」と言ったこと思い出しました。これ、昔からよく言われるそうです。現地(台湾)では台湾人に間違えられたそうです(笑)